JA新篠津農業協同組合 トップに戻る SGNet
 
平成30年11月号「あぜみち」のトピックス
あぜみち700号特別企画 〜赤ちゃん大集合!
農協法公布記念日にあたって 〜北海道農業協同中央会
親子で楽しく稲刈り体験 〜小学生稲刈り体験教室2018
自ら植えた苗を収穫し、師匠との交流を深める 〜札苗北小学校稲刈り体験学習
農家の思いを伝え、食への関心を育む 〜札幌市美園小学校稲刈り体験学習
高品質出荷で全量1等米へ! 〜ライスファクトリー稼働
安心・安全な米を消費者に届ける 〜精米施設竣工式・起動式
農村の課題解決に向けた活動を期待 〜山田俊男参議院議員来組
直売の大切さを改めて感じる 〜新しのつ産農産物販売イベント
感謝を込めて特産品を手渡す 〜金融店舗お客様感謝デー
新鮮な体験に感動! 〜グリーンツーリズムしんしのつ
新篠津農産物大人気! 〜新しのつ農産物販売フェア
  
ちょっと「あぜみち」を行く

親子で楽しく稲刈り体験−小学生稲刈り体験教室2018−
 JAでは9月29日、「小学生稲刈り体験教室2018」(北海道米販売拡大委員会主催)を開催。STVラジオで募集した25家族・69名がJA試験圃で稲刈りを体験した。
 この体験ツアーでは、農業に接することが少ない都市部の親子に、米作り体験を通して北海道米への親しみを感じてもらい価値観や認知度を高め、収穫の喜びと農業の大変さを体験してもらうことを目的としている。
 開会で西井組合長は「今年は長雨や低温続きなど、稲にとってはとても厳しい年でしたが、丁寧に田植えをしてくれたおかげでここまで成長してくれました。本日は晴天にも恵まれたので、ご家族で収穫体験を楽しんでください。」と歓迎の挨拶。続いて、石狩農業改良普及センターの阪村祐主査が手刈りの方法について説明した。
 会場を木戸聡彦アナウンサーと後藤沙織パーソナリティーが盛り上げるなか、参加者は順調に育った「ななつぼし」を刈取り、脱穀体験やお米の質問タイムなどを楽しんだ。その後、稲刈り体験川柳コンテストを行い、最優秀受賞者には新篠津産新米ゆめぴりか5kgとお米サイダーが送られた。
 また、新篠津村をあとにした一行は午後から石狩市のパールライス工場の施設見学を行い、札幌への帰路についた。
     

「あぜみち」で道草

新車早期予約キャンペーン
今月の技術情報
平成30年度第9回理事会
小規模企業共済制度のお知らせ
〜農業経営に必携!この一冊〜 我が家の記録
亥年生まれさん募集! 〜平成31年新春恒例企画〜
営業時間変更のお知らせ
家の光購読のご案内
家の光図書館
こんにちは赤ちゃん
我が家のHERO

 

新篠津村農業協同組合
〒068-1193 北海道石狩郡新篠津村第47線北13番地  TEL.0126(57)2311 FAX.0126(58)3172
mail info-jashinshinotsu@shinshinotsu.ja-hokkaido.gr.jp
Copyright (C) 2011 JA shinshinotsu All rights reserved.